step1)カゴの基本

紙バンドで編むマルシェカゴの作り方ブログCHIKAのおうちかご
マルシェカゴの作り方を4回に分けて、BASE店のブログでご紹介します。 レッスン1. 道具の準備 レッスン2. 底の作り方 レッスン3. 側面の編み方 レッスン4. 持ち手の作り方 基本的なカゴですが、定期教室の生徒さんたちから 編み応えがある!奥深い!と人気のカゴです。 工作感覚で作れるカゴですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

5mの紙バンドで自由研究
5mの紙バンドをカットします。 ①横ヒモ   12cm×4本 ②横ヒモ   36cm×3本 ③縦ヒモ   36cm×3本 ④始末ヒモ  12cm×4本 1) 横ヒモ①と②の中心を合わせて交互に並べます。 2) 両端にボンドを塗った始末ヒモ④2本を貼ります。 3) 裏返して、両端にボンドを塗った始末ヒモ④2本を貼ります。 4) ③の縦ヒモを編み込みます。...

カゴの底の作り方

効率良く仕事が出来るように 作業工程を考えたり 生産時間を割り出したり 同時進行する工夫ができるのも 主婦の強み。

みなさんは 作りかけのカゴの紙バンドを どのように保管していますか?

《 編みカゴ教室の様子 》 定期教室では、3カ月を目安に、基礎編でカゴの作り方をマスターした後、応用編へと進みました。 はじめは、幅広の紙バンドを使って収納カゴを練習しましたが、応用編からは、細く裂いた紙バンドでカゴを作ります。...

キットや本を見ながら作るときは、サイズ感に注目しましょう。

紙バンドでカゴを作る際の道具を紹介します。 木工用ボンド →ノズルが長いものがオススメです。 工作はさみ、クラフトハサミ →持ち手が大きく、先端が細いクラフトハサミがオススメです。 定規、メジャー →15cm定規、45cmものさしを使用しています。 洗濯ばさみ →編みヒモが浮かないように、洗濯ばさみでおさえながら編みます。...